新しい洗顔!クレンジングバーム

30歳を過ぎてから、どんどん肌の乾燥が気になるようになりました。
子育てが始まり、太陽に当たる時間が増えたことも原因だと思います。
でも、公園遊びをしないわけにはいかないし、肌荒れも乾燥も悪化するばかりでした。

特に乾燥が気になったのは、頬と目の周りです。
おでこは前髪で隠れているせいか、それほど紫外線の影響を受けていないのかもしれません。
私はいつもオイルのメイク落としを使っていました。
一応、「乾燥肌にも合う」と宣伝されている商品ですが、私が使うとどうしても乾燥が気になります。

そこで、オイルのメイク落としからクレンジングバームに変えてみました。
「クレンジングバーム」という洗顔料、まだそれほどメジャーになっていないのではないでしょうか。
これは、泡立てる手間のいらないものなんですよ。
溶けたロウソクのようなとろみのある洗顔料を、肌になじませるだけで洗顔が完了します。
オイルよりも泡よりも、確実に潤いが残っているので、使い心地がとても良いです。
洗顔料をクレンジングバームに変えてからは、肌に悩むことが無くなりました。除去せずにクリームを塗るだけで簡単にポロって取れました

27歳、私のスキンケア方法

27歳女性。それはお肌の曲り角どころかUピンカーブのように私には思えました。疲れたときなどに「あれっ?」と思っても休息を取れば復活した25歳と違い、27歳になれば自分でも言い訳ができないくらい肌の調子が違ってきます。
そんな私の毎日のスキンケア方法をご紹介いたします。皆さん薬局等で500mlくらいで700円くらいの化粧水を見たことはありますか?メーカーは問いません。その激安化粧水をスプレーボトルに詰め替えて、洗顔後に何度も何度も乾きかけたら顔面にスプレーします。顔からしずくが垂れるようであれば適当に手でパッティングします。何度もやっているとそのうち水分が浸透し乾いても乾燥感が無くなります。そうすれば最後にニベアのクリームを塗って終わり。
これを朝晩続けていくと、若いころにはなかったシミも徐々に薄くなってきました。高い化粧水を少量使うより、安い化粧水を贅沢に無駄なくらい使ってお肌の調子を整えてみるのも一つの手ではないでしょうか。痩せる方法は色々とありますが、ポイントは持続できるかどうかです

年齢肌と乾燥が気になるならリキッドファンデーションがおすすめ

30代も後半になってくると、だんだんと肌の老化が気になってきてしまいます。
主婦ですが、毎日きちんとメイクをするのも肌のためです。
やはり、メイクをしないのとは違います。
ファンデーションは肌を保護してくれるのでやっぱり大切です。

普通に生活しているだけでも、
紫外線や外気、ほこりなど肌の刺激になるものはたくさんあります。
メイクは、外的な要因はシャットアウトしてシミやソバカスを防いでくれます。

スポンジを使って早く楽ちんに濡れてしまうので、
固形型のパウダーファンデーションを長く使っていました。
でも、近頃特に肌が乾燥してしまうので、リキッドタイプのファンデーションに切り替えました。

この選択が大正解でした。
パウダーファンデーションでは時間が経つと、
肌の表面に粉をふいてしまうくらい乾燥してしまっていました。
リキッドファンデーションでは適度に油分を含んでいて、
保湿成分も配合されているので乾燥しなくなりました。
しかも、年齢肌に特有のツヤのなさも解消されました。http://xn--u9j2gqfq38z.jp/

肌に優しく無香料で値段が安い化粧品を使った感想

ちふれ化粧品を約2年使っています。
キッカケは、スーパーに売ってるのを見かけてノンアルコールタイプ美容液を買いました。
匂いが無く肌に合っていたので、化粧水ノンアルコールタイプ、乳液さっぱりタイプ、スクラブ洗顔フォームも買いました。
百貨店の化粧品コーナーで、国内海外両方のメーカーを色々試しましたが、匂いが気になって買うのを諦めていたところでした。

スクラブ洗顔フォームはお風呂で、顔、首、両手の甲を週2回の頻度で使っています。
秋冬ははちみつを混ぜて使うと洗い上がりがとてもしっとりします。

洗顔後は、冷やしたノンアルコールの化粧水を顔と首にパックし、両手の甲には直接振りかけてなじませます。その後、美容液を顔、首、両手の甲につけます。

美容液が乾いた後、乳液も美容液と同じようにつけます。

このような方法で、半年経過したら顔の毛穴が目立たなくなってきました。
私の仕事は営業なので、外見にもとても気を使います。
手は書類等を取引先に渡す時、確実に見えてしまうので顔と同じように手入れをしています。中年になってくると男性は体臭が女性よりもキツクなりやすいです

愛用するDHCフェーシャルスクラブ

若い頃あまりスキンケアをしていなくてもお肌が自慢でしたが、30歳を過ぎたあたりから、何をつけても肌が硬いというか、くすみが出てきて、保湿をしっかりしても治らず困っていました。DHCはクレンジングなどを使用していて、品質もコスパもいいためDHCのカウンターで相談しこちらの「フェーシャルスクラブ」をすすめられ使用を始めました。天然のアプリコットをスクラブにしたもので、よくあるスクラブの「ゴリゴリ感」がなく、アプリコットの粒が優しくお肌を転がっていく感じで汚れを取り去ります。スクラブを使用した後は、お肌はつるつる滑らかなお肌に変わり、化粧水をしっかりと肌が吸っている感じがします。今まで使用してきたのと同じ保湿剤を塗っても、お肌によく染み渡るのかしっかりと保湿されるようになりました。1週間に一度の頻度でスクラブを使用すると、ずっと滑らかなお肌が持続します。値段は1500円と安く、効果は絶大なのでコスパもいいです。http://xn--dckuao1a2ezeya3cya0dya2hb9j.net/

使い続けている無印の敏感肌用化粧水

プチプラなのに人気NO1の無印の敏感肌用化粧水は私も使用を始めてから浮気をせずにずっと使い続けています。
余計なものが入っていないので肌トラブルが起こることなく使用することができていますし、肌の奥までしっかり潤ってべたつくこともなくとても気持ちのいい仕上がりです。
さっぱりタイプとしっとりタイプがあるのですが、私は季節に合わせてタイプを変えて使用を続けています。

使用のきっかけはボトルのシンプルさで、単純に見た目が気に入ったからなのですが調べてみると評価も高く今では同じシリーズですべてのスキンケアをそろえています。
毎日のスキンケアに使っていますが特にお風呂上りに使用するとかなり浸透率が高く、値段が安いこともありバシャバシャ気軽に使えるのでそれも気に入っています。
同じく無印でスプレーヘッドが購入できるのでそれをつけて使用すればまんべんなく顔に化粧水を染み込ませることもできるのでおすすめです。

またより乾燥に悩む季節にはローションパックに化粧水を染み込ませてじっくりとパックすればかなりもちもちの肌に仕上がるのでこのスキンケア方法もよくやっています。
夏は毛穴を引き締めるために冷蔵庫で冷やしてから使用しています。
これからも自分の肌の状態や季節に合わせてアレンジを加えながら無印の化粧水で肌の調子を整えていきたいと思います。http://xn--w8j7izb9gyb6c4c8123b9j2bpf2a9li.jp/

レコードが再び脚光を浴び始めている

最近、レコードが再び脚光を浴びているそうです。音楽は今やネットで聞くのが主流になってきていて、デジタル音源が標準ですが、私が子どもの頃はアナログのレコードが主流でした。あの大きなLPレコードのジャケットは、インテリアの一部と言っていいぐらいの存在感がありました。そのレコードを再生するためのターンテーブルといえば「テクニクス」というブランドが有名でした。テクニクスはパナソニックのオーディオ専門ブランドだそうですが、2014年に復活し、復刻版のターンテーブルを限定生産したということです。但し、単なる復刻版ではなく、最先端のデジタル技術と伝統的な音響技術を融合させることにこだわったとしています。日本向けの300台が、税別33万円という価格にもかかわらず、発売と同時にあっという間に売り切れたそうです。予想を上回る人気ぶりで、今後一部改良を加えた通常モデルの発売も予定しているとのことです。ずっと保管しておいたレコードを処分してしまったことが悔やまれます。